利益主義ローン
利益主義ローン
ホーム > 楽天モバイル端末補償 > 格安スマホのデメリットは?

格安スマホのデメリットは?

格安スマホのデメリットは?

 

大手キャリアなどで購入できる端末と比べて

格安スマホにデメリットはあるのでしょうか?

 

格安スマホのデメリットについてご紹介します。

 

格安スマホのデメリットは片手落ちになってしまう点です。

 

大手キャリアであるdocomoやソフトバンク、auなどで

購入できる端末は基本、スペックが優秀、防水機能付き、

ワンセグ機能やおサイフケータイ機能までついています。

 

反面、端末価格が7万円以上もかかる端末が多く

2年間をかけて端末代金を返済していくことになります。

 

対して格安スマホは3万円程度の端末価格で

そこからさらに格安SIMキャリア独自の割引が効き

1万円台で購入できる端末となっています。

 

格安スマホは大手キャリアで購入できる高級スマホとは違い

スペックに特化した端末、利便性に特化した端末と

片方だけが優秀な端末が多いです。

 

高級スマホのように利便性とスペックが両方とも優秀な

オールインタイプの端末ではない事がデメリットです。

 

格安スマホの具体的な端末を挙げてみると

スペックに特化した端末はASUSのZenfone3や

ファーウェイのP9liteなどがあります。

 

こちらの端末価格は3万円から4万円程度で

そこからさらに格安SIMキャリアごとに数千円から1万円程度の

割引価格で購入する事ができます。

 

また利便性に特化した端末といえば

富士通のarrowsシリーズやシャープのAQUOSシリーズがあります。

 

こちらの端末価格も3万円から4万円程度で

一つ前のモデルなどは2万円以下程度で購入できます。

 

利便性に特化した端末という事でワンセグ機能や

防水・防塵機能、おサイフケータイ機能などが搭載されています。

 

反面、スペックでは少し落ちてしまう事が多く、

端末スペックが要求されるようなスマホゲームなどの

プレイは少し厳しいかもしれません。

 

このように格安スマホはあちらを立てればこちらが立たずとなってしまうので

利用状況に合わせて最適の端末を選択する必要があるのです。

楽天モバイル端末補償